So-net無料ブログ作成
検索選択
リメイク非売品 ブログトップ

シャツをショートパンツにリメイク [リメイク非売品]

[かわいい]商品ではない手作りのリメイク品の紹介です。facebookで過去に掲載したものです。

商品ではありません。
洋服やバッグ等に著作権はありませんが、ブランドマーク、ロゴ、キャラクター、一部のデザインが含まれたリメイク品の販売は違法となります。
自分で楽しむ分には違法ではありません。
よって個人的に製作した物になります。
リメイクはエコであり、ゴミを減らす環境活動の一環となります。
環境に優しい活動、リメイク(再製作)してリユース(再利用)を実践しています。
もちろん、新たな息を吹き込み、もう一度別の姿にして活かした商品も製作販売しています。
製作過程ではありません。
リメイク後の、全く違うものに生まれ変わった作品の紹介です。

----------*----------*----------*----------*----------*----------*----------*

リメイク前の、ケン・ドーンの綿の長袖シャツです。
サイズはメンズでMです。
着古したので、リメイクすることにしました。
彼はオーストラリアの芸術家・デザイナーです。
明るい色を多用した柄がとても素敵です。
捨てるのはもったいない逸品です。
ショートパンツに作り変えます。
バッグを製作した時は、型紙なしで製作しました。
しかしながら、今回のパンツは型紙が必要になるかと思われます。
まずは、型紙作りからです。
image005.jpg
2015/10/15

型紙が完成しました。
型紙をシャツに合わせましたが、なんとシャツのポケットが邪魔になることになりました。
というわけで、ポケットをシャツから外しました。
ポケットを上手く利用出来ず残念でした。
またシャツは四角でないため、型紙通りにするには生地が不足しています。
ですので、シャツを分解しました。
生地を継ぎ足すことで、前後左右のパンツが出来そうです。
image004.jpg
2015/10/18

各パンツの上下の生地を縫い合わせました。
縫い代はジグザグ縫いで処理しました。
補強のために、この縫い代は下に倒し、押さえ縫いしました。
次に合体した左右の股上部分をそれぞれ縫い合わせて、前後のパンツが完成しました。
ここの縫い代もジグザグ縫いで処理しました。
シャツの余った生地でポケットを作り、後ろ(お尻)部分に縫い付けました。
シャツから外したポケットは利用したかったのですが、シャツの糸と当店使用の糸が違うため使用しませんでした。
これから前後のパンツを縫い合わせます。
image003.jpg
2015/10/20

パンツの両脇と股上を縫い合わせました。
裾にはスリット入れました。
次に股上を縫い合わせました。
縫い代はジグザグ縫いで処理し、スリット部分は三つ折りで整えました。
次に裾を縫いました。
補強のために、この縫い代は後ろに倒し、押さえ縫いしました。
スリットの終点は、裂けるのを防ぐため目の細かいジグザグ縫いをしました。
裾も三つ折りで整えました。
これからウエスト部分を整えます。
image002.jpg
2015/10/24

ウエストを整えました。
ゴムが二本通るようになっています。
ウエスト前方に、ゴムの通し穴を作ってありますので、そこからゴムを通しました。
ショートパンツが完成しました。
縦と横の柄の組み合わせが、非凡でお洒落だと思います。
派手さが魅力の世界で一つのパンツです。
image001.jpg
2015/10/25

--------------
facebook では大きい画像で見られます。
リメイク非売品
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.964484853570902.1073741838.193802567305805&type=1&l=b448109926
--------------


La Fortuna (ラ・フォーテュナ)
La Fortuna (ラ・フォーテュナ)


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シャツをショルダ-バッグにリメイク [リメイク非売品]

[かわいい]商品ではない手作りのリメイク品の紹介です。facebookで過去に掲載したものです。

商品ではありません。
洋服やバッグ等に著作権はありませんが、ブランドマーク、ロゴ、キャラクター、一部のデザインが含まれたリメイク品の販売は違法となります。
自分で楽しむ分には違法ではありません。
よって個人的に製作した物になります。
リメイクはエコであり、ゴミを減らす環境活動の一環となります。
環境に優しい活動、リメイク(再製作)してリユース(再利用)を実践しています。
もちろん、新たな息を吹き込み、もう一度別の姿にして活かした商品も製作販売しています。
製作過程ではありません。
リメイク後の、全く違うものに生まれ変わった作品の紹介です。

----------*----------*----------*----------*----------*----------*----------*

リメイク前の、ジャン・ルイ・フラデのドッグ刺繍入り長袖シャツです。
サイズはメンズでLです。
着古したので、リメイクすることにしました。
刺繍が大変可愛いです。
捨てるのはもったいない逸品です。
ショルダーバッグに作り変えます。
刺繍を活かした、お洒落なバッグになればいいと思います。
毎度のことですが、お気に入りの品にハサミを入れるのは、勇気が必要です。
生まれ変わる形を想像して、ハサミを入れます。
image005.jpg
2015/7/26

腕の生地を使って、バッグのショルダーベルトを作りました。
ショルダーベルトは袖の生地を多く使いました。
生地を筒状にして縫い、潰したあと、両脇をステッチしました。
後ろのヨークには刺繍が付いていました。
もちろん、利用しました。
肩に掛けた時、この可愛い刺繍がよく見えるように、バッグに付けます。
ショルダーバッグは小さめですので、負担も小さいです。
ですので、ベルトには接着芯は入れませんでした。
image003.jpg
2015/8/1

バッグには蓋を付けることにしました。
バッグが閉じられると、安心出来ます。
シャツの余った生地を利用して、フラップを作りました。
ボタンもシャツの付属品を使います。
ですので、ボタンホールは、このボタンのサイズに合わせました。
ボタンは最後に縫い付けます。
表袋と内袋を中表にし、ショルダーベルトとフラップを挟んで縫い合わせました。
返し口から袋を表に返しました。
そして、内袋のポケットにホックを縫い付けました。
image002.jpg
2015/8/4

袋の口を補強ステッチしました。
補強のためにショルダー部分は四角縫いをし、より強度を高めました。
次に、フラップに使うボタンを縫い付けました。
このボタンはシャツに付いていたものです。
ポケットが付いている側が、後ろになります。
image001.jpg
2015/8/9

最後に、返し口を手で縫い、穴を塞ぎました。
表袋の後ろと内袋にポケットがありますので、色々活用出来ます。
ちょっとした買い物に便利に使えるお洒落なバッグになりました。
可愛い刺繍を十分に活かしました。
メンズシャツ1枚で、ショルダーバッグが1個完成しました。
image001.jpg
2015/8/11

--------------
facebook では大きい画像で見られます。
リメイク非売品
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.964484853570902.1073741838.193802567305805&type=1&l=b448109926
--------------


La Fortuna (ラ・フォーテュナ)
La Fortuna (ラ・フォーテュナ)


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シャツをトートバッグにリメイク [リメイク非売品]

[かわいい]商品ではない手作りのリメイク品の紹介です。facebookで過去に掲載したものです。

商品ではありません。
洋服やバッグ等に著作権はありませんが、ブランドマーク、ロゴ、キャラクター、一部のデザインが含まれたリメイク品の販売は違法となります。
自分で楽しむ分には違法ではありません。
よって個人的に製作した物になります。
リメイクはエコであり、ゴミを減らす環境活動の一環となります。
環境に優しい活動、リメイク(再製作)してリユース(再利用)を実践しています。
もちろん、新たな息を吹き込み、もう一度別の姿にして活かした商品も製作販売しています。
製作過程ではありません。
リメイク後の、全く違うものに生まれ変わった作品の紹介です。

----------*----------*----------*----------*----------*----------*----------*

リメイク前の、1992年TOO CUTE製のウォルトディズニーキャラ刺繍入り長袖シャツです。
米国に行った時に見つけました。
サイズはメンズでかなり大きかったのですが、このサイズしかありませんでした。
スリムな人の、だぼっとしたゆったりめの服での装いは、可愛い印象を与えるようです。
そんな訳で、購入を決断しました。
しかし、現在はクローゼットの肥やしとなっていました。
シャツとして十分お洒落を楽しみました。
しかし大分使用感が出てきましたので、もう着ることはないでしょう。
とは言うものの、捨てるのはもったいない逸品です。
近年は、見掛けないディズニーの刺繍入りで、この希少なシャツを壊すのは勇気が入りましたが、違うものとして、またこの可愛さを利用出来たら最高と思い、ハサミを入れます。
image008.jpg
2015/5/9

まずは表袋から作りました。
このシャツは、背中に刺繍が施されていました。
後ろ身ごろの上部(刺繍のある部分)を袋の片面に使用しました。
そしてもう片面は前身ごろを使いました。
前身ごろのポケットは、バッグでも利用出来ます。
ボタンが付いているのは面白いと思いました。
前立て(プラケット)に隙間が出来てしまうので、手縫いで表からは見えないように、縫い合わせました。
2枚を中表にして、両脇と底を縫い合わせ、袋状にしました。
こちらが、バッグの後ろ側になります。
image006.jpg
2015/5/10

シャツ生地はデニムですが薄いので、内袋を付けることにしました。
また、刺繍が施されているので、表生地の裏側を痛めたくありません。
内袋の片面は、後ろ身ごろの残った下部分を使いました。
持ち手は、袖を使用しました。
もう片面は、その残った袖2枚を縫い合わせました。
前身ごろの余った部分は内袋のポケットにしました。
前立て(プラケット)をポケットの口にし、1枚はボタン付きで、もう1枚はボタンホール付きになりました。
この両ポケットのボタンを使うことはありません。
あくまでも、飾りです。
飾りが違いますので、どちらに何を入れたか分かり易くなります。
それぞれポケットを縫い付けた生地を中表にして、両脇と底を縫い合わせました。
この時、片脇には、返し口(生地を表に返す時のために残す「開き」)を作っています。
image004.jpg
2015/5/12

持ち手は、袖で作りました。
袖は2本ありますので、2本の持ち手には丁度いいです。
接着芯を入れて、丈夫にする方法がありますが、それはせず、生地を4枚重ねることで、強度を持たせました。
表袋と内袋を中表にし、持ち手を挟んで縫い合わせました。
そして、補強のために、袋の口部分の縫代と持ち手を合わせて縫いました。
返し口から袋を表に返しました。
袋の口を補強ステッチしました。
最後に、返し口(生地を表に返す時のために残す「開き」)を手で縫い、穴を塞ぎました。
大きめのシャツ1枚で、トートバッグが1個完成しました。
image002.jpg
2015/5/13

--------------
facebook では大きい画像で見られます。
リメイク非売品
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.964484853570902.1073741838.193802567305805&type=1&l=b448109926
--------------


La Fortuna (ラ・フォーテュナ)
La Fortuna (ラ・フォーテュナ)


~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~ ~*~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
リメイク非売品 ブログトップ